お勧め記事


最新記事


フリーエリア




カテゴリ


プロフィール

ぷちぷちミラクル

Author:ぷちぷちミラクル
<年齢>
30代前半
<性別>
男性
<学歴>
理工学部を卒業。
<資格>
「2級FP技能士」


リンク


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働契約について

お疲れさまです。
今日は「労働基準法」労働契約についてです。

$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$

第2章:労働契約について
(1)契約期間
・期間の定めのない契約→契約の制限なし
・期間の定めのある契約
→有期事業については、契約の制限なし
→それ以外は、原則3年
(例外は、「高度な専門的知識等」「満60歳以上」で5年

(2)労働条件の明示
・絶対的明示事項
→契約期間、就業場所および従事すべき業務に関すること
→始業終業時刻、休憩時間、休日休暇
 所定労働時間を越える労働の有無
→賃金の決定、計算、支払い方法
 賃金の締め切り、支払い時期、(昇級に関する事項※)
→退職に関する事項
昇級に関する事項以外は書面による交付が必要

・絶対的必要記載事項(就業規則)
→始業終業時刻、休憩時間、休日休暇
→賃金の決定、計算、支払い方法
 賃金の締め切り、支払い時期
→退職に関する事項

・事実との相違における契約解除
→明示された労働条件が事実と相違する場合、
 即時に契約解除できる
(14日以内に帰郷する場合、使用者が必要な旅費を負担)
→明示義務のない福利厚生などは契約解除できない

(3)強制貯金・強制貯金は禁止だが、任意貯蓄は認められている
・任意貯蓄による社内預金の場合、労使協定で定める事項として
→預金者の範囲
→1人あたりの預金額の限度
→預金の利率および利子の計算方法
→預金の受入および払戻の手続き
→預金の保全の方法
また労働基準監督所長へ管理状況を報告

(4)解雇に関する規定・解雇は、社会通念上相当であると認められない場合は、
 権利濫用したものとし、無効となる
・解雇制限
→原則は、業務上の療養による休業や産前産後の休業
 +30日間の休業では解雇できない
→例外は、療養開始後3年+打切補償相応で契約制限解除
・解雇予告
→原則は、30日前の予告、30日分以上の平均賃金が必要
・解雇予告の必要がない特例
→日日雇い入れられる者(1箇月超で解雇予告必要)
→2箇月以内の期間を定めて使用されるもの
(所定期間超で解雇予告必要)
→季節的業務4箇月以内の期間を定めて使用されるもの
(所定期間超で解雇予告必要)
→試の試用期間中のもの(14日超で解雇予告必要)

(5)退職時等における使用者の義務
・退職の場合は、
 使用期間、業務の種類、事業における地位、賃金、退職事由
 を証明書の交付義務
(解雇予告の場合は、解雇の理由の証明書交付)
・労働者の死亡または退職において、請求があった場合、
 7日以内に賃金の支払い、その他の金品の返還
・労働者が、出産、疾病、災害などの費用にあてるための
 賃金の請求は、支払期日前でも賃金の支払い

$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$

よく考えると、自分の労働契約条件って
あまり知らないなと思ってしまいました。

次回は、労働基準法における賃金についてです。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

労働基準法の総則(つづき)

こんばんわです。
今日も昨日の続きで、
「労働基準法」総則です。

$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$

(6)公民権行使の保障
・公民としての権利(選挙権など)や公の職務の時間を、
 労働者が請求した場合、使用者は拒んではならない。

・公民権行使のため勤務しない時間が
 有給か無給かの労働条件は自由

労働者も選挙に参加でき、当選すれば、
議員としての時間をつくることができるということですね。


ただし、これに該当しない事例として、
・個人としての訴権の行使
・予備自衛官が召集に応じること
・非常勤の消防団員が訓練召集に応じること

(7)労働者の定義・適用除外
・労働者とは、事業(事業所)に使用されるもので
 賃金を支払われる者のこと

~労働基準法の適用の有無について~
・国家公務員→適用なし
・地方公務員→一部を除き適用
・特定独立行政法人等の職員→全面適用

国に雇われている面に比例してる感がありますね。

(8)使用者の定義
・使用者とは、事業主、経営担当者、および
事業主のために行為をするすべてのもの
~労働安全衛生法では~
事業主とは、事業主個人、法人そのもの

(9)賃金の定義・賃金とは、使用者が労働者に、労働の対償として支払うもの
(賃金、給料、手当、賞与、等、名称の如何を問わない)
~特徴的な分別として~
客から直接受け取るチップは賃金ではないが、
使用者が徴収し、再配分すると賃金になる。

(10)平均賃金・平均賃金は、以下の分子分母で除した金額となる
分子;算定すべき事由の発生日以前3箇月間に支払われた賃金の総額
分母;その期間の総日数

ただし、算定除外期間と賃金総額に参入しない賃金もあります
~算定除外期間~
・業務上の傷病による休業期間・使用者の責めによる休業期間
・法上の産前産後・育児休業、介護休業・試みの試用期間
~賃金総額に参入しない賃金~
・臨時に支払われる賃金・3箇月を越えるごとの賃金
・通貨以外のもの・労働協約の定めに基づかない現物給与

$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$

総則はこの辺までです。
学習したことをまとめるのも結構大変です。
まとめることで、復習になるんですけどね。

次回は、労働契約についてです。

人気ブログランキングへ

労働基準法の総則からスタート!

いよいよ、社労士の学習開始です。
まずは、「労働基準法」からスタート。

$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$

「労働基準法」は、労働条件の最低基準を定めたものです。

第1章:総則
(1)労働条件の原則
・労働基準法に規定していることを理由として、労働者の労働条件を低下させてはならない
・ただし社会経済情勢の変動等の理由により労働条件が低下することは禁じられていない

最近の不景気による労働条件の低下(給料減額)は合法のようです・・・。

(2)労働条件の決定等
・労働者と使用者の立場は対等である
・この法律で定める基準に達していない労働契約は無効である
・無効となった部分はこの法律に定める基準となる
~労働契約法では~
就業規則で定める基準に達していない労働契約は無効である
・無効となった部分は就業規則に定める基準となる

つまり、効力の強さは、
労働基準法>労働協約>就業規則>労働契約

労働協約は、使用する側と労働組合で締結
就業規則は、使用者が作成し届出
よって、この2つが法律に定める基準に達しないということはないようです。

労働協約で定めたことは、使用者と労働者の双方に、義務と権利がある
労使協定で定めたことは、労働者に義務はないが、使用者も違反とはならない
定めた範囲で使用者が労働者を労働させても違法にならない免罪効果がある

(3)均等待遇・男女同一賃金の原則
・国籍、信条、社会的身分により賃金、労働時間などの差別禁止
・女性であることをりゆうとした賃金の差別禁止
~その他の法律では~
職業安定法で、職業紹介、職業指導の差別禁止
男女雇用機会均等法で、採用や労働全般の差別禁止

(4)強制労働の禁止
・精神や身体の自由を不当に拘束しての労働の強制は禁止
・違反した場合、労働基準法上で最も重い罰則

(5)中間搾取の排除
・法で許される場合以外で、他人の就業に介入して利益を得ることの禁止
(有料職業紹介事業→職業安定法、労働者派遣→労働者派遣法)

$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$

今日は初日ということで、この辺まで。
社労士取得とか関係なく、働く上で知っておくべきことも多いことに改めて気づかされます。

人気ブログランキングへ

社労士学習計画(その2)~所要日数~

今回は、社労士の資格取得へ向けての学習計画(その2)です。
「いつになったら勉強始めるんだ?」というクレームは勘弁してください。
計画も大事ですよね!?
その1で大別した項目ごとに、所要日数を割り出しました。

<労働保険関連>
・労働基準法(13日)
・労働安全衛生法(7日)
・労働者災害補償保険法(8日)
・雇用保険法(11日)
・雇用保険の保険料の徴収等に関する法律(7日)

<一般常識関連>
・労働に関する一般常識(12日)

<社会保険関連>
・健康保険法(10日)
・国民年金法(12日)
・厚生年金保険法(14日)

<一般常識関連>
・社会保険に関する一般常識(8日)

とりあえず、購入した参考書に沿った学習についての所要日数です。
まず1巡目は一通りさらってみるのが目的です。
その後、2巡目に入るか、過去問題をするかは、理解度次第・・・。

ということで、所要日数の合計は、102日
毎日勉強すると、約3ヶ月半。
週6で勉強すると、約4ヶ月。
週5で勉強すると、約5ヶ月。


先は長いですね・・・。でもコツコツやるしかないですね。

頑張りますか・・・。合言葉は、「必勝」!!

と、いうことで、今日は「うっちー必勝弁当」です。

ファミリーマートで今日から新発売。
フジテレビ系列のTV番組「ジャンクSPORTS」の企画です。
私、この番組が大好きなんです。
他にも「浜田大明神弁当」というのもあります。
ちなみに私、コンビニ弁当は滅多に食べませんので・・・。

でもこれ、普通に美味かったです。

うっちー弁当02 うっちー弁当03

社労士学習計画(その1)~大別~

社労士の資格取得へ向けて、まずは、学習計画です。

社会保険労務士の試験範囲はかなり広いです。
そのなかで、大別してみました。すると・・・、

<労働保険関連>
・労働基準法
・労働安全衛生法
・労働者災害補償保険法
・雇用保険法
・雇用保険の保険料の徴収等に関する法律


<社会保険関連>
・健康保険法
・国民年金法
・厚生年金保険法


<一般常識関連>
・労働に関する一般常識
・社会保険に関する一般常識


ま、こんな感じです。

学習順序は、
1.労働保険関連
2.労働に関する一般常識(一般常識関連)
3.社会保険関連
4.社会保険に関する一般常識(一般常識関連)

という方向で行きたいと思います。

社会保険に関しては、さらなる法改正があってもおかしくないですね。

everybody♪goes♪everybody♪fights♪
少子化が進む現代社会に、ドロップキック!
everybody♪knows♪everybody♪wants♪
高齢化が進む現代社会に、水平チョップ!

ということで、少子化と高齢化には要注意です!

こんな感じでがんばる予定です!
ま、あくまで予定なんですが・・・。

まずは、社労士の参考書を購入です。

まずは・・・、
とりあえず、ですが、参考書を購入です。

左に見えますのが、「社労士 瞬間暗記」平成21年度版
今回購入した一冊です。

そして、右に見えますのが、「うかるぞ社労士」2007年度版
以前に購入した一冊です。

もう1枚の写真から、厚みが違うのがお判りでしょう。

薄いほうをメインに学習を進め、厚いほうで補うというイメージです。
薄いほうは、いつもかばんに入れることが出来ますしね。

平成21年=2009年。2007年度版とは2年の開きがあります。
その間に、法改正などがありましたので、要注意ですね。

この2冊をもとにして、コツコツ勉強する予定です。

PICT0001.jpg  PICT0003.jpg

社会保険労務士(社労士)を取ろう!!

はじめまして!
これから、社会保険労務士(社労士)取得を目指していくブログです。
過去にちょっと勉強して妥協しましたが、来年の試験を目指して頑張る次第です。

まずは簡単に自己紹介です。
J大学の理工学部を卒業し、電気に関する業務についてます。
「第三種電気主任技術者」という資格を持ってます。

また2007年に、ユーキャン(U-CAN)を使って、
「2級ファイナンシャルプランニング技能士」(FP)の資格を取りました。

あとは、日本経済新聞(日経新聞)は毎日読んでます。

こんなバックグラウンドを元に、目指せ!社労士!

よろしくお願いします。m(_ _)m

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。