お勧め記事


最新記事


フリーエリア




カテゴリ


プロフィール

ぷちぷちミラクル

Author:ぷちぷちミラクル
<年齢>
30代前半
<性別>
男性
<学歴>
理工学部を卒業。
<資格>
「2級FP技能士」


リンク


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高年齢求職者給付金と特例一時金

今回は、
失業等給付(高年齢継続被保険者の求職者給付)と
失業等給付(短期雇用特例被保険者の求職者給付)の
2本立てです!

$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
第3章2節の2:失業等給付(高年齢継続被保険者の求職者給付)

(1)高年齢受給者資格等
・支給要件
①離職による高年齢継続被保険者の資格の喪失の確認を受けたこと
②失業の状態にあること
③算定対象期間(原則として離職の日以前1年間)に
被保険者期間通算して6箇月以上あること

・受給期間
→離職の日の翌日から起算して1年間
(延長は認められない)

・支給額
①算定基礎期間1年以上⇒基本手当の日額の50日
②算定基礎期間1年未満⇒基本手当の日額の30日
③失業の認定日から受給期限日までの日数が、①②の日数に
満たないときは、失業認定日から受給期限日までの日数

・失業の認定日
1回限り(一時金として支給される)

第3章3節:失業等給付(短期雇用特例被保険者の求職者給付)

(1)特例受給資格等
・支給要件
①離職により短期雇用特例被保険者の資格喪失の確認を受けたこと
②失業の状態にあること
③算定対象期間に被保険者期間が通算して6箇月以上あること
(賃金支払日数が11日以上であるとき、その月を1箇月とする⇒暦月方式)

・受給期間
→離職の日の翌日から起算して6箇月間
(延長は認められない)

・支給額
①基本手当の日額の50日
②失業の認定日から受給期限日までの日数が、①の日数に
満たないときは、失業認定日から受給期限日までの日数

・失業の認定日
1回限り(一時金として支給される)

(2)公共職業訓練等を受ける場合の特例
・特例受給資格者が、特例一時金の支給を受ける前に、
公共職業訓練等(50日以上2年以内)を受ける場合、
基本手当等を支給する
※離職理由に基づく給付制限は解除されない

$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$

今回はココまでです。
次回は、日雇労働被保険者の求職者給付です。

人気ブログランキングへ

社労士試験合格力養成講座(メールサポート付)
2級FP技能士/AFP試験対策 合格フルセット!!!
あなたも90日でFP試験に一発で合格できる法
宅建超高速勉強術 ■■■ 1年足らずで行政書士・社労士・宅建の資格に合格した筆者の勉強法を公開!!
失敗しない速読術
元祖ジョイント式ハイパー速読術
速読トレーニング 通信教育教材 DVD版
「わかる社労士シリーズ」真島伸一郎が教える! 合格圏内8%に入る為の真島流合格術 DVD


スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。