お勧め記事


最新記事


フリーエリア




カテゴリ


プロフィール

ぷちぷちミラクル

Author:ぷちぷちミラクル
<年齢>
30代前半
<性別>
男性
<学歴>
理工学部を卒業。
<資格>
「2級FP技能士」


リンク


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年齢について

ずいぶん寒くなりましたね。
今回は、年齢についてです。

$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$
第6章:年少者
(1)最低年齢・年少者の証明書・使用が許可される要件
(年齢に達した以後の最初の3月31日終了時で区分)
→満15歳以上18歳未満:使用可
→満15歳未満:(原則)使用禁止
~満15歳未満使用禁止の例外~
・満13歳以上
→非工業的業種、健康福祉に有害で無い、労働が軽易+許可
満13歳未満
→映画の製作、演劇の事業+許可

テレビや映画の子役も労働基準法で許可されてますね

(2)未成年者の労働契約・親権者、後見人は未成年者に代わって労働契約を締結してはならない
・未成年者に不利である労働契約は解除できる
・未成年者は独立で賃金を請求できる
(親権者、後見人は未成年者の賃金を代わって受け取れない
・未成年者については特例の年次休暇が与えられる

(3)労働時間および休日・年少者の特例
→以下は満18歳未満の年少者に適応されない
①変形労働時間制②フレックスタイム制
③三六協定による時間外、休日労働
④労働時間、休憩の特例
・15歳以上18歳未満の年少者
→法定労働時間(8時間/日、40時間/週)を超えてはならない
→1週間のうち1日の労働時間を4時間以内に短縮すれば、
 他の日を10時間まで延長できる
→48時間/週、8時間/日を超えない範囲で、
 1箇月、1年単位の変形労働時間制で労働させることができる
・15歳未満の労働時間の上限
→修学時間を通算して、40時間/週
→修学時間を通算して、7時間/日

(4)深夜業・深夜の定義
→満18歳未満:午後10時~午前5時
(例外:午後11時~午前6時)
→満15歳未満:午後8時~午前5時
(例外:午後9時~午前6時→演劇の事業)
・深夜業の適用
→原則は深夜業に就かせてはならない
→例外は交代制による16歳以上男性なら
 午後10時30分まで、午前5時30分から可

・満18歳未満の者の解雇時の帰郷旅費
→使用者の解雇により14日以内に帰郷する場合
 帰郷旅費は原則使用者が負担
(労働者の責めに帰す場合はこの限りでない)

$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$$

テレビの生放送で、子役や学生が夜に出演できないのは
この辺の労働基準法によるんですね

次回は、性別についてです。

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://syaroushisyaron.blog24.fc2.com/tb.php/11-ef4366fd

未成年者の労働契約とは?

年齢について (2)未成年者の労働契約・親権者、後見人は未成年者に代わって労働契約を締結してはならない・未成年者に不利である労働契約...
2008-11-29 02:33 | 会社を退職する前に。。。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。